サーバーは何処がいいの?

サーバーの選択と契約

『初めの一歩』はサーバーの選択と契約だと思います。

 自分はエンジニアですからそこはプロの目がありますから特に迷う事はありません。ただ、ITに精通していないと"どのレンタルサーバーか"、"どのホスティングサービスか"を選ぶのが難しいです。
 どんなサイトを作りたいか、色々と希望や現実との狭間で悩む事が有るかも知れません。

 簡単に言えば費用面になりますが!

 初期費用や月額費用とプランを天秤に掛けて決める必要があります。

 どのレンタルサーバーでもWordPressは契約するプランに関わらず簡単に導入できます。(※MySQLが利用できるプラン)

 契約するレンタルサーバー(『ホスティングサービス』)によってはボタンひとつでインストール可能です。※インストール画面でユーザー/パスワードを設定してボタンを押すだけです。

 SQLite版は準備と使えないプラグインもありますが、低価格のプランでも導入は可能です。

レンタルサーバーとホスティングサービスの違い

 レンタルサーバーもホスティングも、サーバーをいくつかの企業や個人でシェアしていることには変わりがありません。
 ただ、レンタルサーバーはサーバーだけでなく、OSやWebサイト運営に必要なソフトウェアも同時に提供しているところに両者の違いがあります。
 

WordPressからすれば、どちらでも関係ありません。PHP7とMySQLが使えれば!
プラン

 自分が契約中のレンタルサーバーを例に
  ネットオウル https://www.star.ne.jp/service/
 月額500円のプランがベストです。(自分は300円ですけど)

注意する点は二つあります。
MySQLの個数と転送量制限です。

MySQLは最低でも3個以上使えるプランを選びましょう!

 

具体的に言うと

 転送量制限はメールマガ配信やPVに関連するので、どれくらい有ればいいのかわかりませんが、1日10GB以上、月間300GB以上はあった方が良いかと思います。
 世界中のWebサイトを調査しているHTTP Archiveによると、Webサイト1ページあたりの平均サイズは約2.5MBです。
 300GB/月であれば、約120,000PV/月まで対応できます。もちろん、ウェブブラウザのキャッシュ機能を考慮すれば、それ以上のアクセスが可能となります。1日あたりに換算すると約4,000PV/日となり、個人サイトなら十分な数値です。
ちなみに『ネットオウル』
・エコノミープラン 50GB/月
・ライトプラン 150GB/月
・スタンダードプラン 300GB/月
・プレミアムプラン 1,000GB/月
・ビジネスプラン 2,000GB/月

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...