執筆雑談

【雑談】『ドラマから学ぶ』理想な作品です

日常の何気ない事に興味を持つ

『僕らは奇跡でできている』

 何気ない日常や奇跡な出来事を題材を描いた作品。

大人な恋愛要素

 大人な恋愛要素はいらないです。ただ、TVドラマな以上、それも仕方ないでしょうね。自分的にですけど……。学生の一人が憧れる。あの設定はなんか"良いですね"無邪気な子供として見てるのかも知れません。きっと子供が好きな設定なのでしょうか? 

 歯医者さんの絡みは大人な事情で確実にドラマ要素には不可欠だろうとの判断で入れたサイドストリートでしょうか?

 主人公のヒロイン役なのでしょうが"うーん"ちょっと強引な気がします。自分と価値観が違う人に恋愛感情生まれる。自分の価値観の違いに気付かされ彼とやり直す。そんなサブストーリーの設定でしょうか?

主人公を取り巻くシーン設定

 大きく分けると以下の感じでシーン構成されています。
映像にする以上、ロケなど必要なので決まった形に当てはめないといけないのがドラマです。映画やアニメと違い自由に出来るわけでもありませんから、外でのロケは許可が必要で自由に撮影は出来ません。行政や地域住民の許可が無ければ出来ないでしょうから、似た場所が出てくるのも仕方ないでしょう!

「……いや、それを言いたいわけではなくて」

・大学(職員)
・大学(授業)
・学生(四人)
・自宅(山田さん(おばあちゃん?))
・歯医者さん
・歯医者の恋愛事情
・友人(小学生)
・フィールドワーク
・お爺さんの家

『大まなシーンわけをする事で登場人物と場所明確に分ける』

 明確なシーンがハッキリとしています。これは重要な書き方や描き方になります。駄作な自分の作品ではこれを明確に区別出来ていません。そのため会話や状況が明確になっていない"カオスな状態"になっています。

 それは各場所に言えることです。

 我が家(中)、我が家(外)、我が家(野菜園)
 お爺様の屋敷(中)、(外)
 孤児院(中)、孤児院(外)、教会(中)、教会(外)
 迷いの森(道中)、迷いの森(森の中)、迷いの森(湖)?迷いの森(野菜園)
 ローズ様の屋敷(外)、ローズ様の屋敷(中)

 あげるだけでも大変です。何が言いたいのかと言うと、異世界物でもロケハンは必要だと言うことです。

『奇跡』最近のドラマの定番なのですかね?

 "ほのぼの"としたちょっとした奇跡や感じを描く題材は凄く良いと思います。

 単なる偶然をちょっとした奇跡に例えているように思えますが、子供のようにその疑問を解いていく、その過程が良いですね。それと頭良いのに子供視点で描かれている点が評価出来るかも。

 見ていた当初は主人公の設定が少し意味がわからなかったのです。単なる変わり者に見えなかったのですが『幼少期』の描写でそれは払拭されました。多分、前期の別のドラマの影響だったのかも知れません。凄く"純粋なんだ"と悪くえば"大きい子供?"な感じもしますが、自分と変わらないかも知れません(笑

 最後に『僕らは奇跡でできている』良い作品です。

 今日はここまでにしておきます。

コメントを残す

*

CAPTCHA