俺の引き籠もり自給自足生活

【補足】餌付け禁止?※ネタバレ

条例などで禁止する自治体も多いようです

イノシシやツキノワグマやニホンカモシカ

そもそも、ニホンカモシカは天然記念物で餌付けとかの次元ではない気もしますが、
 
『俺の引き籠もり自給自足生活』で、どう描くか迷っていたお題を少し執筆して投稿しました。
 
 
当然、里山で手付かずの自然が周りにあるのですから、動物が居ないわけがありません。
 
一つはペットとは違う視点で『動物を描きたかった』『これから描いていきたかった……』
 
それだけで深い意味はありません。
 
猿も居そうですが、野生の猿は良いイメージないので、まあ、ツキノワグマもですが、
さすがに二つの動物は登場させることはないと思います。
 
 
文中で半野生な表現は里山周辺で暮らしている。冬の餌の為に祖父が用意していた。
 
そんなニュアンスです。また、露地栽培で種を撒くだけなのは、それを畑だと認識させない為の配慮でもあります。
 
 
形上の表現で『露地栽培』『世話をした記録が無い』のは自然の流れに任せていると言う自分なりの考えでした。
 
整地された場所を餌場と覚えてしまわないようにですが、かなり強引で無知な設定ですね。
 
ただ、今後色々と半野生の動物たちと触れ合う機会が作れればと思います。
基本は観ているだけです。
 
 

半野生化動物の今後

ウリ坊はペットになる可能性あります!
 
その算段はもう考えてありますが、規模が大きいので施設作りは難しいですけど。
 
ウリ坊と言うより豚は野生に三代帰るとイノシシになるそうですね。
気性の問題かも知れませんが、イノシシを半野生にしたいのは、
 
 
『天才!志村どうぶつ園』の影響とフィリピンかどっかの島で豚が野生で海を泳いでる。

そんな映像や記事を観た影響が有るかもですね。

執筆当初から想い描いていた事です。

コメントを残す

*

CAPTCHA