執筆雑談

【執筆鍛錬】まったく執筆とは関係ない?

『高嶺の花』最終回を予想

ストーリー展開を膨らます鍛錬です。

直人はすべてを知った上で千秋のハニートラップを受けるでしょう。

それはすべて"もも"ため、もう一人の自分を取り戻す方法があったから、

"これで良いんですか? 千秋さん……いや、ももさん"

ななは龍一と海外で華道を始めるためにアメリカに渡米する。
月島流、家元候補の突然失踪。

ももは直人の子供を妊娠、家元を継ぐ。

まあ、直人が死ぬのが展開がしっくりいくのだろうなぁ

それは"もも"のため、もう一つの自分を取り戻すべく、死んでいく。

葬式が終わり、お墓に訪れ"もも"は新たな華道家の自分(人格)を手に入れる。

"月島は終わった"と言う言葉は正当な血脈が途絶える。
そんな意味もあったのかも知れませんね。

新たな華道の家元が出来るそんな話で終わるんじゃないでしょうか!

ただ、直人は生きているとは思います。それも計算のウチだった。

(将棋はいくつもの局面を想定しますから、ルートは一つとは考えられないからですが!)
ココはかなりの奇想天外で想定外な一手ですが、
最後の一手は直人の母親の存在な気がします。高嶺の花は実は直人の方だった!
かなりのお嬢様だった気がしますし、最後まで二人の正体が明確になっていない!

脚本を考えればバットエンドな展開だろうとは思います

答え合わせは最終回を観てからですね!

花言葉から

桃の花の花言葉(なずけ親は母親な気がします)
「比類なき素質」「私はあなたのとりこ」「天下無敵」「気立ての良さ」

菜の花の花言葉(なずけ親は父親な気がします)
「快活な愛」「明るさ」「豊かさ、財産」「競争」「小さな幸せ」

それぞれの花言葉にエンディングのヒントがあるかもしれません

コメントを残す

*

CAPTCHA