執筆雑談

【駄作な話】執筆作品の数と速度と文字量

五作品同時に執筆

自慢じゃないですよ……

今、改稿しているのも含め、五作品抱えています。

主投稿は二作品です。

異世界もの現代ものになりますが、創造(想像)のバランスを取るためですが、
コンテスト用に+1作品をローテーションを決めて執筆しています。

そのため読み返す回数も減り、誤字脱字が多いまま投稿している現実があります。

言い訳でもないのですが、一つの作品だけを考えると、どうしても時間のロスが多いため、
気分転換のために二作品書き始めました。

特に短編で終わらせるもりは両作品にはありません。

(理由は割愛します。ごめんなさい🙇💦)

その代わりに細かなショート作品集を形を変えて執筆しています!

決してこれが良いとは思っていませんが……。

 
 

自分の執筆活動の一環のお話です。

 
 

エピソードの執筆量

二作品は大体、4000文字から6000文字の間ですが書いています。

読み手の方々読まれるスピードは500文字/分と考えていて、
それを目安には書いていましが、一部の作品は2000文字に収めようと考えてもいます。

書きやすさと言うより、読みやすさや校正し安さでしょうか!

大体、執筆スピードは800-1000文字/hという感じです。

そんな状況もあり、全体的に1エピソードの執筆量も含め、調整しようと思っています。

取るに足らない執筆活動の雑談です。

コメントを残す

*

CAPTCHA