執筆雑談

小説投稿の補間機能は便利なの?便利じゃないの?

文章置き換え

答えは!

先にすいません!

“(2018/09/01現在)
カクヨムより引き上げたエッセイですが、執筆の成長や読みやすさの為に
体裁(レイアウト変更)の改行以外の文字や文章は、あえて修正は加えていません。
(ただ、執筆の日付は入れさせて頂きます)”――自分の引用(笑
 
嘘ついてしまいました。
 

補間処理

 
余りにも原文が読み辛いので、補間処理を入れました!
それに伴い原文表示機能を実装しました。
上部の[補間][原文]にて切り替え表示出来ます。

・半角文字を全角数字(漢数字には置き換えしていません)
・?!のあとに空白(あとの文字によっては空白なし)
・独自ルール1(地文での三点リーダーをダッシュに置き換え)
・行頭空白

補間処理をあえて入れた理由

これが何を意味しているかと言うと――ツールを作れば簡単に置き換え出来るンです。
事実、校正の補助的に置き換えするツールなども作っています。
 
(今は執筆時に注意しているためその機能は使っていませんけど)
 
これは単に文字の置き換えなのですが、上手く使えば色々と使うことが出来ます。
まだ、構想途中ですが、ある投稿サイトのAI解析モドキに使えます。
 
(今は進めてないですが、そのうちに)
 

コメントを残す

*

CAPTCHA