作品探しの旅〜月神波瑠〜

六話 /(全三十話)

第6話 3連休〜1日目午後編(3部)〜(短文)

 3連休1日目午後編(3部)――になってしまいました。
 調べた事や思った事や考えた事を文章にしてるだけなんですが、2部の最後で――。
『「小説の書き方+徹底研究+ライトノベル小説の書き方講座」見つけました。ちょっと内容読んできます』
 って終わったわけですが、サイトを読むにつれて色々と考える事が多過ぎて、しかも同じことが引っかかって無限にループ状態です! これはいけないと思い、今後は自分への課題を拾うこと前に3連休1日目の締めとしてそして忘れないためにあえて自分のエッセイ中に――御了承下さい。

 ここから、自分が気になった文章部分のみですご了承ください。

『誰もがついついやってしまいがちな大きな間違いがあります』

「好きな事を、好き放題に書きまくるわけです。しかし、ここで気が付いてください。そうして出来上がった作品は……単なる自己満足にすぎません。読み手の事を考えて書いた作品こそ、小説と呼べます」
「読み手に『これは面白い!』と言わせる為には、新鮮で豊富な想像力が必要です」
「学ぶことを怠らず、地道に努力していれば、早くも来年には門をくぐることが出来るかもしれません」

 ――ここ迄です。

 是非、全文読んで欲しいですが抜粋してるもので――検索してみて下さい、そしてどこにそれが書かれてあるか探してみて下さい、きっとラノベの書き方、読み方が変わると思います。

 読み続けていると『最初から超大作を書こうとしないこと!』――3R、いきなりのボディーブローがもろに入り効きました。3度目もノックダウン、TKO負けです。
 自分の文章でなく他の方の文章の多用して失礼しました。

 3連休1日目が終わりました――いえ、終わらせました。
 明日以降の残りのこと寝ながら夢で考えてみます。

 最後に一文『悲観してばかりではありません。これでも結構楽しんで書いてますよ!』

 つづく――。


ランキングバナーを踏んで頂けると倖せです!