作品探しの旅〜月神波瑠〜

五話 /(全三十話)

第5話 3連休〜1日目午後編(2部)〜(長文?)

 3連休1日目午後編(2部)です。

 一応面白おかしく書いたつもりですが――どう感じたでしょうか? ――事実なんですよね。
 実際に分類はエッセイです。

 これから書くことは事前に思った内容でちょこっとメモってたもので校正はしてます。

 冷静になってから調べたことの1つです内容は『ラノベのタブー』についてで、とあるサイトを見たときから気になってしょうがなく悩んだことです。
 
 ラノベタブーの中に該当することが執筆中のライトノベルに一杯ありました。
『幼い子供や大人を主人公にしてはならない』『冒頭で設定をクドクドと書かない』『登場人物を不必要に多くしない』
 まさにその通りだと感じます――。
 詳しく読むと――彼らは、知力、体力、行動力が未熟で自ら主体的に行動するできない。
 スケールの小さい話なる。物語が盛り上がりにくい。幼いため恋愛要素を絡められない。
 大きなマイナス要素だと、他にもラノベは「主に中高生男子向け」という読者対象層の「カテゴリ」だというサイトも多くありました。
 まさにまさにその通りだと感じます――。

 これから書いていることは批評ではありません! "作品探しに旅に出た"、自分の以前に考えたことやこのエッセイを執筆中の思いです。
 以前、どのくらい前なのか誰に言われたかは伏せますがハッキリ覚えてないだけですが、物創りの世界にいるとき低年齢向けのアプリの企画を提案したときに言われたことがあります。
「子供騙しの内容だけど、造るんだったら中途半端なことはしないでね、子供はそんなことで騙されないからね」
 ――ふとそんな事を言われたのを思い出しました。
 ラノベは子供いや10代後半のものもではないと思いたいです。自分の周辺からラノベ読んでるって話題になったことも通勤途中の自分世代が電車の中で見たこともなかったですが――。

『ラノベだって世代は確実に育って広がっている』
 色々と語ってしまいましたがオチないので、ちょっと書籍化されたラノベの慎一(しんいち)君のフレーズを借りてオチを書きます。

「自由に書いてたっていいじゃない、だってラノベだものの」

 あえて愚行なキャラ設定、世界観を混ぜて執筆だっていいじゃない――。
 これから箇条書きになります。
 ・「知力」は知識チートでのりきれる、前世の知識と記憶、神様の授業の知識と補足事項色々。
 ・「体力」は他力本願、ええ、まだ自分勝手に動けませんからね、家の中だって冒険エピソードかけるんです。たぶん――。
 ・「行動力」は赤ちゃん語と泣く事と生理現象だけ、寝ることが仕事なんです。ただ、考える時間はいっぱいあります。

 ないない尽くしですが――ネタはきっと会議室にもあるんです。いや家の中にあり部屋が6つあれば、それが《《ダンジョンに》》なり出会いも舞い込んでくるんです。この思いは《《間違っていないだろうか》》? ――、なんて思いません。そこは持ち前のアイデア? で乗り切ります――。――若干足りませんでした。

 長文で熱くなりました――。

 ただ、読んでくれた方々やこれから読んでくれる方のことを考えずに執筆は、執筆してても面白くないと今は思います。執筆は自分でするものですが、作品は1人では作れるものではないと思うからです。最終的には作品と呼ばれるものを是非に――。
 
 今、これを書いていても自分には残念ながら、今の執筆中の物を捨てられない――あるものをどうにかする考えしか決意できない――だからこそ読みやすくするための努力がこれから必要です。
 結論は出ている感じがしますが自分の人生に関わり合わなかった題材です。でもやはり「知識チートを使い義務教育のために奮闘する」なんですよね――。
 描きたいものを書きつずけるが一番必要な要素なんですよね。売れるものを書くんじゃないですし、あくまでも趣味の一環でスマホゲームやり過ぎの環境から抜け出すためのお金のかからない趣味にしたいのです。(^_^;

 真の「作品探しの旅」はこれからなのです――。

 ということで、休憩して続きます。

 ――閑話休題――

 夕食済ませてTV見ながらボ――とときどきタブレット端末持って考えてます。

 突然ですが、『カクヨム』や『小説家なろう』のエッセイを数点読ませて頂いていますが非常にためになります。いや結果的に活用できてませんが失敗談など書かれてたりします是非参考に――私のような結果にならないように――。

 これからは『自分に足りないもの』を求めての旅、ネット世界に「書き方ライトノベル」でダイブします。
「…………」
 Amazon系の検索が多くやっぱり以前に読んだサイトをサイド掘り下げながら行くしかないのかなぁ。
「小説の書き方+徹底研究+ライトノベル小説の書き方講座」見つけました。ちょっと内容読んできます。
「…………」
 何処くらい経ったんでしょう――読んでて冒頭から考え深いです。――時計見てなかったですが、地上波初『修正寺ホテル』? 見てきますね、?? 伏せてますので察して下さい。

 三部作になりそうです――。ベッドに入ると意外と時間あるんで――
(ベッドは英語、ベットはドイツ語でしたっけ?)

 つづく――。


ランキングバナーを踏んで頂けると倖せです!