デザインを考える(1)

初めるまえに

WordPressに必要な才能

 自分の中でDesignは不得意な分野になります。

 例えるならモデルをやりながら服のデザインやプロデュースすることでしょうか?……いや、ちょっと違いますか……そんなマルチな才能は自分にはありません!

 WordPressはそんなマルチな才能がなくてもサイト制作出来きる素晴らしいツールです。ただ、Webエンジニアでもプログラミングではなくデザイナーの才能が必要なツールだと思っています。それでもでデザインの基礎、デザインの定番なことを学ぶだけでも十分にWordPressを使いこなしサイトを制作出来きると思います。

WordPressを使う目的

 スキル売りのサイトの案件ではデザインカスタマイズの希望が多いです。そんなサイトでWebエンジニアの知見を習得する為に登録したのがきっかけです。

 前に書きましたが、自分にはデザインをゼロ(ZERO)から作る才能が欠如しています。元々、デザインの勉強をしてこなかった事と、デザイン性を必要とする開発や現場に精通しなかったことに理由があります。設計とコーディングが完全分業だったことが大きな理由です。一度、数年間デザイン会社のエンジニアで働いた経験がありますが、デザイン学校を卒業した同僚にはさすがに叶うはずもありませんでした。

 そんな事情もありWebエンジニアとして仕事する上で必要なPHP、JavascriptHTML、CSSを習得する為の一つの選択肢としてWordPressを選びました。

WordPressのデザイン

 ただ、WordPressのテーマを利用する以上、デザイン上の制限もでてきます。ワイヤーフレームがある程度決められているからです。

 各テーマのワイヤーフレームは決まっていて、自分のイメージにあったテーマを選ぶ必要があります。

 そんなWordPressをカスタマイズする中で、少しは個性のあるデザインでトップページ(フロントページ)を装飾するため今後、思考錯誤して学んでいきたいと思っています。自分にはデザイン系の用語が完全に欠落しています。(元々、UI系のエンジニアでは無いためですけど)先ずはそんなデザインする上で必要なデザイン用語やデザインテクニックをブログにまとめて行きたいと思います。

 フロントページに重要な要素をメーンに!これから学ぶデザイン手法やデザイン用語を上げていきたいと思います。

デザイン手法

ヒーローヘッダー
パララックス
タイポグラフィ
ミニマルデザイン
グリッドレイアウト
スプリットスクリーン
マテリアルデザイン

レイアウトの手法

ジャンプ率
視線誘導
逆三角形
ユニット化
グリッドシステム
パターン化
アクセント
ホワイトスペース
シンメトリー
対比

最後に

 ただ、真似るだけだとセミオリジナルにもなりませんから……『デザインテクニックを学ぶ』意識でサイトを見ることをおすすめします。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

関連記事一覧